新講座 「財務×法人税基礎講座」のご案内

4月から新たに始まる講座のご案内をさせていただきます。当該講座の講師はアイユーコンサルティンググループの小林取締役です。特に次の3点をお伝えしたいと考えています。

当講座でお伝えしたいポイント

  1. 中小企業を支援する上で、「財務 × 法人税」は重要な要素
  2. 会計事務所サイド・目線での顧問支援の実態(現実)を知ってもらう
  3. 小手先のスキームや知識ではなく、その本質(事業課題へのプロセス、考え方)を知っていただく

講座概要

開講日2022年4月開講
講座名財務×法人税基礎講座
開催回数12回
講師アイユーコンサルティング 小林税理士
受講料5,500円(税込)
受講会場品川(現地参加)またはZOOM参加
開催時間17:10~19:00
開催日程(1期)4/22(金)5/13(金)6/10(金)7/15(金)8/10(水)
9/9(金)10/7(金)11/11(金)12/16(金)

講師紹介

税理士
小林 俊彦
Kobayashi Toshihiko

小 林 俊 彦

アイユーコンサルティンググループ 取締役
税理士法人アイユーコンサルティング 社員税理士

1980年12月生まれ(41歳)
● 長野県出身
● 保有資格:税理士
● 出身大学:筑波大学大学院(理工学修士)
  出身大学:福岡大学大学院(法学修士)
  出身大学:京都大学EMBA取得

●大学時代 :核融合の研究に没頭
● 卒業後 :アンティーク家具の販売
● 転職後 :30歳から簿記の勉強開始!税理士を目指す
● 2018年~ :アイユーコンサルティングに参画
● 現在 :2020年ミライサイクル事業の立上げ成長支援分野にて活躍中

    中小企業を支援する上で「財務 × 法人税」は重要な要素

    1. 正しく財務支援するのに、税の効率化が必要
      例)今年赤字の場合、翌期に充当(繰越欠損)と前期に充当(繰戻還付)はどっちが財務的に有利?
    2. 納税予想も法人税を知ってた方が有利
      例)税引前利益 × 実効税率(32%)≠ 納税額・・・なぜ?
      所得と利益の大きなズレとは?
    3. 申告書が読めれば、銀行交渉も優位に働く
      例)税理士や銀行マンは申告書のどこを見る?法人税申告書や内訳書、概況書のココに注目!

    当講座で学ぶメリット

    1. 財務支援をする上で必要不可欠な「税」の知識が手に入る
    2. 会計事務所の立場から、顧問業務のボトルネックが分かる
    3. 経営者が興味をもつ「税」とその「本質」を知ることで、よりよい情報提供ができる
    4. 税務面を知ることで、銀行や税理士との連携も図りやすくなる

    講義内容(予定)

    現在予定されている講義内容は以下の通りです。全12回+1回の合計13回の講座です。

    1. 法人税計算の全体像
    2. 法人税申告書と決算報告書の全体像
    3. 繰越欠損金の実務
    4. 減価償却の考え方とその本質的効果
    5. 役員退職金の実務
    6. 受取配当金の課税関係
    7. 税務上の交際費とは?
    8. こんな決算書では経営できない、よくある残念な例
    9. 試算表を早く出すためのポイント
    10. 会計事務所をコンサルする
    11. 中小企業におけるHDのメリット
    12. よくある節税スキーム○連発!
    13. 消費税超入門(番外編)

    お申込み・お問合せ

    本講座に関するお問合せは下記の方法でお問合せください。